キャッシング・カードローンお役立ち情報局

キャッシングランキング

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
アコム
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円 平日14:00時まで
モビット
モビット
4.8%〜18.0% 1万円〜500万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)

キャッシングの審査はどのようになっている?

キャッシングの審査とは、どういったことが行われているのでしょうか。キャッシングの審査では、インターネットなどでよく見かける3秒、10秒などとなっているクイック審査、仮審査とよばれるものと、本審査があります。

 

仮審査とよばれるものは、年齢や職業、年収、借り入れ状況といった簡単な情報をもとに借り入れできるのかできないのか、また借り入れできるならいくらぐらいの金額なのか、ということを診断するものです。

 

本審査はさらに詳しく借り入れの可否、借り入れ限度額を決定するものです。仮審査が借り入れOKだったからといって、必ずしも本審査も通過するとは限りません。

 

申し込み書には必ず他での借り入れ状況などを書かなければなりませんが、虚偽を書かないように気をつけておきましょう。個人信用情報を調べることで、申し込み書の内容の真偽はすぐにわかります。消費者金融 至急で借りたい、多めに借り入れをしたい、借り入れをぜひ通過したいから他での借り入れを少なめに書く、といったことは絶対にしてはいけません。

 

キャッシングは無担保、保証人なしで借り入れできるのが特徴ですが、それは個人の信用を評価し、そこでローンを組むということになります。申込書に本当のことを書かないというのは、それだけで信用を失ってしまうことになります。

 

他での借り入れがいくらぐらいまでであれば、借り入れできるといったことはそれぞれのキャッシング会社の基準が違います。一社の審査に通過しなかったからといって、必ず他の審査も通らないというわけではありません。ただし、あまりに短期間に何社も申し込んでしまうと申し込みブラックといった状態になってしまいますから注意しておきましょう。

 

キャッシングとは?

「キャッシング」という言葉をよく耳にします。
街中には、多くのキャッシングに関する広告を目にします。
そもそも「キャッシング」とはどういうものなのでしょうか?

 

「キャッシング」とは、金融機関が個人に対して行う小口融資のことです。
「小口」とはいっても、その単位は数十万円から、多い先で数千万円単位に及びます。
「個人向け」ですので、いわゆる「事業性」の融資は含みません。

 

事業資金に使わないのであれば、そのお金の使い道(資金使途)は様々なものに及びます。
ただし、パチンコや競馬などのギャンブル、株式などの投機資金には利用できません。

 

申込を行うと、取扱会社の基準にあてはまるかどうかの審査が行われます。
審査に合格すると、専用のカードが発行されますので、ATMやCDで現金を引き出すことにより融資を受けます。
なおATMとは「現金自動受払機」の略で、現金の入出金両方を行うことができるのに対して、CDとは「現金支払機」の略で、現金の支払いしか行うことができません。
また融資を受ける方法として、指定された金融機関の口座に融資金を振込むことができる先もあります。

 

キャッシングでは、通常利用可能な借入限度額が決定されます。
審査により決定された借入限度額の範囲内で、借入と返済を繰り返していきます。
通常は、借入限度額に空き枠があれば、いつでも自由にお金を引き出す=融資を受けることができます。

 

日常の生活に、普段のお金がピンチになった場合に、非常に役立つキャッシング。
ただしい知識を身につけ、上手に利用していくようにしましょう。

カードローン審査の魅力

カードローンの審査は、スピーディーさが魅力です。まず借り入れをできるのかできないのか、といったことをごく簡単な入力で知ることができるクィック審査、いわゆる仮審査とよばれるものなら何十秒といった単位ですぐにできるところがほとんどです。

 

また、本審査まで進んでもその審査も30分、90分といったごく短い時間で可否が分かるようになっています。申し込みをする時間にもよりますが、たいていのカードローンでは即日審査、即日借り入れが可能となっているのです。

 

またカードローンの審査は、保証人や担保が必要ないことから必要書類なども大変少なく、自分ですぐに用意できるものばかりなのです。本人確認書類のみで借り入れできるカードローンもたくさんありますし、追加書類としても借り入れ金額が大きくなれば収入証明書を提出するのみとなっています。

 

カードローンの審査も自分で記入した、年齢、収入などと共に他での借り入れ、過去の借り入れの履歴を重要視して行われます。他での借り入れ、過去に借り入れしたときの返済が遅れていなかったかといったことを個人信用情報で調べます。

 

保証人や担保が必要ないカードローンの借り入れは、その利用者本人の信用度によって借り入れ金額や、金利が決定されることになります。信用をなくさないためにも、申し込み時に年収や借り入れの状態の申告を正確に行うことも重要なポイントになります。信用度を上げるためには、きちんと返済していくことも大切です。カードローンでオススメなのは、モビットです。

カードローンでキャッシング

これからキャッシングを始めたいけれど、できることなら低金利でお金を借りたいと思いますが、そんなときは銀行カードローンを申込めば低金利でキャッシングができます。

 

銀行には、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンといったさまざまな金融商品が揃えられいます。
目的ローンを利用するときはお金を借りるために、住宅や自動車を担保に入れたり、保証人が必要になります。
これらのローンは利用目的がはっきりしていることや、融資を受けるとあとは毎月返済を続けるだけなので確実に借入残高は減っていきますが、新たに借入をしたいときは最初から申込をして審査を受け、現在利用しているローンとは別枠で借りることになります。

 

同じ銀行の商品としてカードローンがあります。
カードローンは日常生活で不足したお金をおぎなったり、急な出費ができたとき一時てきにお金を借りるといったことに利用されますが、目的ローンのように利用目的は決まっておらず何にでも使えます。
またカードローンで融資を受けるとき、無担保無保証人でお金を借りることができるので、担保を用意したり保証人を頼む必要がなく、本人の信用度だけでお金が借りられます。
カードローンは申込みをすると審査がおこなわれ、審査の結果によって融資限度額や金利が決まりますが、目的ローンのように借りたお金の返済だけでなく、限度額の範囲内であればいつでも何度でも借入れができます。

 

また、キャッシングには消費者金融のキャッシングがありますが、銀行は銀行法で運営されているので貸金業法の総量規制は適用されません。
そのためカードローンは銀行それぞれが独自の基準で審査をおこない、年収や融資限度額で制限を受けることがなく高額融資を受けられたり、無収入の専業主婦でもキャッシングが可能になります。

 

カードローンは一般銀行だけでなく、最近はネットバンクのカードローンに人気がありますが、ネットバンクを利用したキャッシングは、基本的にはインターネット上だけですべてが完結します。
たとえば融資を受けるときは口座への振込が基本で、返済も口座から引き落としというようにカードレスのキャッシングになります。
またネット銀行のキャッシングは一度契約が終われば24時間いつでも振込をしてもらえたり、口座から返済ができます。

カードローンの即日融資

最近のキャッシングの申込で即日融資はなくてはならないサービスですが、キャッシング会社をえらぶときは、できれば時間をかけて自分の生活環境に適したキャッシング会社で契約できれば一番よいのですが、急にお金が必要になったときは時間的な余裕もないのですぐにでも借りたいというときは、即日融資が可能なキャッシング会社をえらぶことになります。

 

[即日融資とは」
即日融資とはその日に申込みをしてその日にお金が借りられるシステムで、これまで即日融資といえば、大手消費者金融のほとんどのところで受けられますが、銀行カードローンは一部の銀行を除き即日融資に対応していませんでした。
しかし最近は大手消費者金融やクレジット会社が保証会社になり、それらのシステムやノウハウを使って即日融資が可能な銀行も増えています。

 

[カードローンの保証会社]
銀行カードローンの融資条件として「当行の指定する保証会社の保証が受けられるかた」と書いてあるのを見たことが有ると思いますが、これは銀行の審査以外に保証会社も審査をおこない、両方の審査にとおって初めて融資が受けられるようになります。
カードローンの審査を保証会社がするようになってから、銀行はカードローンを受付ける窓口だけになり、利用者が遅延や延滞を起こすと保証会社が代位弁済をするので銀行に損害を与えることはなく、銀行が苦手としていた取り立ても、銀行に代わって保証会社から連絡が入るようになっています。
キャッシングは無担保でお金が借りられるのが基本ですが、銀行カードローンに限って言えば大手消費者金融やクレジット会社が保証するので、厳密に言えば無担保とはいえません。

 

[カードローンの即日融資]
銀行カードローンは保証会社と提携する前は独自の審査をおこない、無担保でお金を貸すので審査を慎重におこなうためにきびしくなり、そのため時間もかかっていました。
大手消費者金融は小口金融に特化していることからこれまでに築き上げたノウハウやシステムを使えばほんの数秒で審査が終ります。
保証会社はそれらを使って申込者の審査をおこない、時間がかかった銀行の審査も瞬時で終わってしまうので、即日融資ができるようになっています。

カードローンを比較する

最近は銀行でもカードローンを扱っている銀行も増え、銀行カードローンのなかでも即日融資が可能なところや他行と比べて金利が低いなどで比較ができるようになってきました。

 

[金利の低いカードローン]
銀行は顧客から借りたお金をカードローンの資金として利用するため、顧客に支払う金利と自行の利益を考え、金利設定をしているので消費者金融の金利と比べれば低く設定されています。消費者金融の金利が高い理由は、資金を銀行から借りて利用者に融資をするために、銀行にも金利を払う必要があり、そのうえ利益も出さなくてはならないので、カードローンに比べて割高になってしまいます。

 

金利を比較するとき、○○%〜□□%と書かれていますが、この○○を下限金利と呼び、□□を上限金利と呼びます。
日常生活の不足分を補う程度の借入や、初回利用時は上限金利が適用され、高額融資を受けるときは下限金利が適用されます。
たとえば、住信SBIネット銀行の「Mrカードローンプレミアムコース」は下限金利1,99%〜上限金利7,99%と最も低く、オリックス銀行のカードローンは下限金利3,0%〜上限金利17,8%となっているので、17,99%と17,8%で比較することになります。
ただ、金利が低くなればなるほど審査が厳しくなると言われているので、融資の受けやすさとどれくらいの金利なら妥協できるかを判断しなければなりません。

 

[即日融資が可能]
最近は銀行カードローンでも即日融資を可能にしている銀行も増えてきましたがカードローンの中でも、より確実に即日融資が可能な銀行として三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」でインターネットから申込みをすると30分程度で審査が終わることや、店舗にあるテレビ窓口からの申込は通常は40分でカードの発行をしてもらえます。
新生銀行のカードローン「レイク」は消費者金融のレイクがシステムやノウハウ、店舗や人員すべてを新生銀行に譲渡し、カードローンとして事業をおこなっているのでこれまでどおり1時間程度で融資が受けられます。

 

また、最近ではネットバンクの即日融資が可能なところもあり、ネットバンクの強みは契約をしていれば一般銀行と違い24時間いつでもお金が借りられたり、いつでも返済ができるというメリットが有ります。